LINEモバイル 口コミ

【LINEモバイル/口コミ】評判とおすすめの3つの理由

LINEモバイル

女優・本田翼さん(ごきげんぱんだも?)のダンスが可愛すぎるCMでおなじみのLINEモバイルについてまとめました。

母体もソフトバンクになり会社としてよりしっかりした印象があります。

具体的なユーザー数は公表していないものの本家LINEアプリの知名度もあり人気の格安SIMです。

それゆえネット上の口コミが気になる方も多いと思います。

「はたして使い心地はいいのか?」

「LINEモバイルを選んで大丈夫?」

いいところ、悪いところを含めて様々な口コミやレビューを集めてみました。

まずは、LINEモバイルの特徴として利用者が評価している3つのポイントを紹介します。

  • データフリーオプションでSNSギガ消費なし
  • わかりやすい料金体系
  • 主要な3回線から選べる

1.データフリーオプションでギガ消費なし!


スマホを使っていたらSNSをやっている人も多いと思いますが、それが高速通信を消費せずに利用できます。

いわゆるゼロレーティングと呼ばれるものです。

よく使うものだからこそギガ消費は多くなるわけですが、それがなくなれば他のことにギガを使うことができます。

 

LINEモバイル データフリー

 

月480円のプランならLINE ツイッター フェイスブック インスタ LINE MUSICの高速通信量が減りません。

月末に通信速度が激遅になる可能性が限りなくへります。

まさにフリープランと言った印象です。

 

LINEミュージックのオプションもつければ音楽が聴き放題になるので、かなりお得です。

LINEアプリも対象なので、文字でのやり取りはもちろん、bigスタンプ、通話、ビデオ通話などもフリーで話し放題です。

言うまでもないかもしれませんが、LINEアプリはgoogleplayから無料でダウンロードできます。

 

2.料金プランがシンプル

 

 

LINEモバイル 料金

 

他社では10も20も料金プランがあるところもあります。

細かく選べる反面、どれを選べばいいかわからなくなってしまうという弊害もあります。

その点、LINEモバイルは500MB、3GB、6GB、12GBの4プランで選びやすいです。

そもそもスマホを利用している人の約6割は1ヶ月のギガ消費量は3GB以内ということが調査でわかっています。

あまり細かくプランを用意しても消費者を迷わせるだけです。

なのでLINEモバイルのプラン設定は絶妙といえます。

ちなみに1GBのデータ通信量でできることの目安がlineモバイルの公式サイトに出ています。

 

 

3.主要3キャリアの回線が用意されている

 

3キャリアの回線が用意されているメリットはSIMロックの解除の手間が省けることです。

多くの格安SIMではドコモ回線しか用意されていないところがほとんどです。

auやsoftbankで買ったスマホを使いたい場合、SIMロックを解除しないとドコモ回線の格安SIMは使えません。

これは面倒だしお金もかかります。

その点、3キャリア用意されているLINEモバイルなら、自分の使っているスマホの会社と回線を合わせるだけでOKです。

ロック解除は必要ありません。(一部iPhoneでは必要あり)

 

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

【LINEモバイル/口コミ】良い口コミ 評価されるメリットと実力

LINEモバイルで評価されているのは「料金の安さ」「キャンペーンのお得さ」です。

キャリアに比べて大幅に月額をコストカットできます。

また、乗り換えてもらいやすくするためのキャンペーンを充実させています。

月々の固定費が安くなるのは単純にうれしいですよね。

良い口コミを寄せている方は、ほぼこの2つのポイントに言及しています。

LINEで通話か、メッセージおよびデータ送信を行ってるので、540円の1Gプランで満足です、

引用:価格.com

ソフトバンク回線SIMで定額プランで安かった。

引用:価格.com

 

 

今までXperiaZ4を使ってましたが故障して海外版XperiaZ5を購入。
元々使ってたドコモ回線SIMだと通信は出来るけど通話ができず、海外版XperiaZ5で対応している周波数のソフトバンクにしたら通話も通信も問題なく使えるようになった。

それにキャンペーン適応でかなり安く使えてキャンペーン終了後も割と安いので変えて良かった。

引用:価格.com

 

端末が拾える周波数とSIMカードが提供している周波数を合わせるのは大事です!

これで、通信速度の体感が変わる場合もあります。

 

速度は遅いという人がいます。

しかし、それと同じくらい「通信速度がはやい」という感想を持つ人もいます。

月額がとんでもない節約になっていますね。

激安です。

これが格安SIMの最大のメリットと言っても過言ではありません。

やはりデータフリーは好評ですね。

 

LINE worksももちろん使えるので、仕事用のLINEもOKです。

 

LINEで年齢確認ができる

ほかの格安SIMではLINEアプリの年齢確認ができないためID検索ができないというデメリットがあります。

しかし、LINEモバイルなら年齢確認ができます。

LINEアカウントを作るのも簡単です。

ID検索を使うかどうかは微妙ですが、必要な方もいるでしょう。

年齢確認ができる格安SIMというのはメリットの一つですね。

 

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

【LINEモバイル/口コミ】悪い口コミ デメリットの特徴

ラインモバイルの悪い所ってなんでしょうか?

それは通信速度が遅いことです。

格安SIMとして致命的ですが、事実なので仕方ありません(泣)

サービス開始時点では速かったのですが、2019年ころから遅いという声が目立ってきました。

特に昼と夕方が遅いということなんですが実際はどうなんでしょうか?

softbank回線は最近設備の増強をしたらしいので、その辺も調べてみました。

ツイッター上ではスピードテストの結果を載せてくれている方も大勢いるので引用させていただきました。

まずは生の声をご覧ください。

これはネットが「繋がりにくい」とか「全然繋がらない」ってスピードですね……

 

通信制限がかかっていない状態でこれは使えないですね……


とにかく「使い物にならないほど回線速度が遅い」という意見の嵐です。

なかには”ゴミ”とまでこきおろす人も……

確かにここで紹介しているような速度ばかりなら外で使えないレベルです。

 

しかし、良い口コミの方で見ていただいたとおり「速度は十分出ている」という感想もあります。

ようは使う時間と場所によって速度は変わります。

問題は速かったり遅かったりする安定性のなさです。

 

ココでの感想では1Mbpsも出ていないので、メールやラインくらいしかできないでしょう。

ネットはおろか、ユーチュブ動画は頻繁に止まって見れないでしょう。

ゲームアプリ、SNS、グーグルマップなどの地図アプリの使用も厳しいです。

あのベース動画も見られない……。

UQモバイルのSIMを使ってみたら「100倍の速度が出た」と書いている方もいますね。

このコメントが決して盛っていないという事実は悲しいです。

 

LINEモバイルはオプション次第ではLINE以外のSNSもギガ消費せずに利用できます。

しかし、この速度ではツイッター、フェイスブック、LINE MUSICなどは利用しづらいですね。

ほかのSNSで言えばtiktokもちょっと厳しいかも。

 

 

速度の他にはサポートに電話したときのつながりにくさに対する意見もありました。

また、実店舗での店員さんの対応などにも意見が寄せられていました。

このあたりはバイト採用の人がいたり、商品知識を勉強中の人がいたりして対応が完璧でないのかもしれませんね。

 

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

ここまで散々な口コミを紹介してきました……

しかし、LINEモバイルを試してみたいというアナタのためにリスクを下げつつLINEモバイルを使う方法があります。

もし、LINEモバイルが気になっているなら2ヶ月無料で試せるキャンペーンがやっています。

これを利用してLINEモバイルの実態を自分で試してみてはいかがでしょうか?

月額基本料・データフリーオプションを2ヶ月無料で使う方法

  • 音声通話SIM 3GBを選択
  • SNS音楽データフリーオプションを選択

この2つを守って契約すれば2ヶ月は無料キャンペーンが適用されます。

キャンペーンなので、いつ終了するか未定です。

試すならお早めにどうぞ。

 

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

【LINEモバイル/口コミ】料金について プラン・スマホ

LINEモバイルの料金についてまとめました。

「月額料金はどのくらいかかる?」「オプションは?」「取り扱っている端末の料金は?」など

さまざまな料金に関して網羅しました。

 

 

 

データフリーオプションでSNSパケット消費なし!Line mobile

 

 

 

LINEモバイル プランと料金について

LINEモバイルの場合、月々の費用は選択したプラン+データフリーオプションの合計になります。

データフリーオプション通信量を消費せずにSNSなどを利用出来るというものです。

ギガ消費を気にせずサービスを利用できるというわけですね。

料金に関しては表にまとめたので以下をご覧ください

新旧のプランを比較してみましょう。

新プラン月額
2GB 5GB 10GB 30GB
データSIM(SMS付き) 600円 980円 1,700円 2,700円
音声通話SIM 1,100円 1,480円 2,200円 3,200円

 

旧プラン月額
500MB 3GB 6GB 12GB
データSIM(SMS付き) 600円 980円 1,700円 2,700円
音声通話SIM 1,100円 1,480円 2,200円 3,200円

法人契約のプランもありますがここでは個人のものだけを取り扱います。

 

「安いのか?」と聞かれると30GBプランがコスパ良いといった感じですね。

LINEモバイルはこれに無料でLINEアプリのデータフリーがついてくるのでプラマイゼロってところじゃないでしょうか?

500MBプランは子供用にいいですね。

あと、データフリーがあるので昔のスマホをLINE専用機にするとか。

 

データSIMはタブレットやモバイルルーター、パソコンといった通話が必要ない端末に使うには最適です。

他のいくつかの格安SIMには”光回線セット割”みたいなのがありますが、LINEモバイルにはありません。

 

公式サイトには料金シミュレーションもあるので、見積もりが出しやすくなっています。

 

 

 

データフリーオプションでSNSパケット消費なし!Line mobile

 

 

 

 

ギガ使い切ったら、ギガ追加(パケット追加)をすることで再び高速通信することができるようになります。

データ容量の追加購入は500円/0.5GB もしくは 1000円/1GBとなります。

MMSは利用できません。

 

最近はSMSでの認証が必要なアプリも増えたためSMS機能がついているのはいいですね。

居場所確認アプリのゼンリーとかもSMS認証が必要ですし。

 

volteにも対応しているので、使っている(使うつもりの)端末がvolte対応なら使うことができます。

vpn通信にも対応しています。

 

旧プランでは5ギガ、7ギガのプランがありましたが、あいだをとって6ギガに集約されました。

5GBのプランを使っていた方が6GBプランにすると「値上げ」と感じるかもしれません。

この辺は「昔のプランのほうが良かった」という声があります。

でも、そんな細かく設定されても迷うだけですからね。

6GBにまとめられてよかったんじゃないでしょうか?

20GBを超えるような大容量プランはありません。

 

 

データフリーオプション料金
  月額 データフリー対象
LINEデータフリー 0円 LINE
SNSデータフリー +280円 LINE・Twitter・Facebook
SNS音楽データフリー

+480円

LINE・Twitter・Facebook・instagram・ラインミュージックの連携

※ラインミュージック内の動画はフリーの対象外

LINEアプリはアプリ上で使っても、ブラウザ上で使ってもデータフリーの対象となります。

 

line電話(LINEアプリの通話・ライン通話)を使えばデータ通信を利用して通話するので電話料金はかかりません。

LINE通話はビデオ通話にも対応しています。

ライン通話は大体1分間で5.1MBくらいのデータを消費します。

3時間25分くらいビデオ通話すると1GBを消費する計算になります。

しかし、LINEモバイルを使っていればデータフリーの対象なのでビデオ通話もし放題です!

音楽を聞きっぱなしでも高速通信データ量を消費せずにミュージックフリーです。

twitterが開発したペリスコープはフリーの対象外です。

 

初回契約時のみかかる料金(初期費用)
ウェブ登録事務手数料 3,000円
SIMカード発行手数料 400円

 

通話料
通常 20円/30秒
いつでも電話(アプリ利用) 10円/30秒
国際電話・国際ローミング 国による
ユニバーサルサービス料
2円もしくは3円

キャリアと契約しているときよりも月額が安いのは言うまでもありません。

格安SIMのメリットはそこでもありますからね。

最安プランで600円~最高でも3680円です。

 

ユニバーサルサービス料はその年によってかわったり変わらなかったりです。

110番や119番への緊急通報代金や、公衆電話の維持費などに当てられます。

 

通常のでんわアプリでの通話なら110番・119などの緊急通報にも対応しています。

 

ただし、「いつでも電話」では緊急電話に電話できないようになっています

その他にもフリーダイヤル、ナビダイヤルなどにも発信できないようになっています。

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

オプションについて

LINEモバイルを快適に使うためのお得なオプションが用意されています。

代表的なものを中心に月額料や内容を紹介していきます。

 

オプション名 内容 月額料金
10分電話かけ放題 いわゆる10分かけ放題

誰とでも何度でも10分以内の電話かけ放題の無料電話

(誰でも電話)

880円
端末保証 落下や水没、画面割れなどの万が一の時に。

最低限の負担で端末の交換または修理ができます。

450円
持ち込み端末保証 持込端末保証

内容は”端末保証”と一緒

500円
Wi-Fi 全国49,000ヶ所の公衆無線Wi-Fiスポットを利用できるwifiオプション。

おもにカフェや公共交通機関の駅、空港など。
youtube動画視聴やアプリのダウンロードなど

大容量の通信も快適に行えるため、データ通信量の節約になる。

200円
ウイルスバスター ウイルスや不正サイトから端末を守るセキュリティアプリ

最大3台までインストール可能。

420円
LINE MUSIC 定額制音楽聴き放題サービス
「LINE MUSIC」(参考価格:月額891円)
をお得に利用することができます。
750円
フィルタリング 子供が友愛なサイトなどに意図せずアクセスしてしまうのを防止する。

ペアレンタルコントロール。

無料

他でよくある”家族割”みたいなのはないですね。

こういったパケットシェアは有るところと無いところがあります。

学生割引(学割)もなく、その代わりにデータフリーがあるような印象です。

 

10分かけ放題はありますが、完全な無料通話オプションはありません。

 

公衆無線LANオプションは200円/月です。

無料wi-fiとして提供していた格安SIMも多かったのですが軒並み有料になりました。

なかなか無料というのはキツイようですね。

どこも300円台で提供するなか200円というのは割安ですね。

 

端末保証を利用する場合は下記の番号に電話しましょう。

LINEモバイル 端末保証受付センター(0120-866-919)

 

さらに電話機能を便利にしてくれるオプションも用意されています。

これらのオプションは選択する回線によって月の名団が違うものがあるので注意しましょう。

 

回線によって月額の違うオプション
オプション 概要 ソフトバンク回線 ドコモ回線 au回線
留守番電話プラス 留守電の保存件数を30件→100件へ
保存期間を3日→1週間へグレードアップできます。
300円
割込通話 ☓ 通話中の電話を保留にし、かかってきた
他の電話を受けることができます。
200円
グループ通話 最大5人の複数の相手と
同時に通話ができます。
200円 200円
通話明細 通話時間や発信先などの通話明細を、
マイページから確認できます。
100円
※利用開始月の翌々月から加入可
迷惑電話ストップ 最大20件の電話番号を着信拒否することができます。
登録した電話番号は着信履歴にも残りません。
100円 無料 100円
留守番電話 最大30件のメッセージを
最大3日間まで保存することができます。不在案内メッセージを設定するには1416に発信します
無料
転送電話 着信した電話を他の電話番号に
転送することができます。
無料
通話料金はかかる
無料
通話料金はかかる
無料
通話料金はかかる

オプションにグループ通話がありますが、LINEアプリを使えばグループビデオ通話もできます。

LINEの多くの機能がデータフリー(ギガ消費なし)で使えます。

もちろんLINEなので無料です。

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

支払い方法

支払い方法は3つあります。

LINEモバイルの支払い方法

  • クレジットカード
  • LINEプリペイド決済
  • LINEポイント支払い

ペイジー、paypayは支払いに使えないので注意しましょう。

visaデビットカードも使えません。

「Visa LINE Payプリペイドカード」以外のVisaプリペイドカード(バンドルカードなど)でも支払いできません。

コンビニ払い、口座振替や銀行振込も支払い方法として選択できません。

結構、「lineモバイル ゆうちょ銀行」のキーワードで検索されている方がいますがダメです。

そして、まとめて支払いにも対応していません。

 

LINEプリペイド決済とは「Visa LINE Payプリペイドカード」と「ラインペイカード」を使用した支払い方法のことです。

先程、口座振替はできないと紹介しましたが、これらカードのチャージ先を銀行口座にすることにより、間接的に銀行口座から引き落としにすることができます。

 

 

 

LINE Payカードは以前はコンビニでも取り扱っていました。

しかし現在はLINEアプリから申請することでしか買えなくなっています。

”LINEプリペイドカード”は現在もコンビニで売っているので、そちらと間違えないようにしましょう。

残高不足などで月額料が未払いになってしまうとサービスが止められてしまうので気をつけましょう

 

そしてLINE Payカードにはプラスチックカードとバーチャルカードがあります。

プラスチックカードはその名の通り、プラスチックでできたカードです。

あなたのお財布に入っている銀行のカード等と同じです。

バーチャルカードはLINEアプリ上で作れる、物質としては存在しないカードです。

 

また、LINEPayカードで支払えばポイント貯まるというメリットがあります。

LINEPayを介してマイナポイントをもらうこともできます。

LINEプリペイド決済はLINEアプリが入っていることが基本になります。

 

ということは、現在LINEアプリを使っていない方はクレジットカードでしか支払いできないことになります。

 

クレカ以外の決済方法へは契約後変更できます(マイページから支払い方法変更)。

ただし毎月3日の0:00~6日の8:00、15日の0:00~16日の8:00は支払方法の変更ができません。

分割払いで端末を購入した場合は支払いに使うクレジットカードを変更したとしても、請求はもとのクレジットカードの方に行きます。

これは注意しておかないといけませんね。

 

現在スマホを使っていれば、クレジットカード以外で契約することができます。

 

 

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

キャリア決済はできる?

キャリア決済はドコモ、au、softbank、楽天モバイルなど大手のキャリアのみで出来ることです。

LINEモバイルなど格安SIMではキャリア決済はできません。

 

料金の締め日

毎月の月末日に締め、3日頃に確定、5日頃が引き落とし日となります。

それぞれの日が土日・祝日とかぶる場合は請求日が前後する場合があります。

 

 

ピクトリンクの支払いができる

LINEモバイルそのものでなくLINEアプリの機能ですが、LINE Payでピクトリンクの支払いができます。

 

 

LINEモバイルで取り扱っているスマホ

LINEモバイルで取り扱っているスマホ本体の料金を見ていきましょう。

LINEモバイルではiPhone・Androidのスマホともに扱っています。

ガラケーは取り扱いがありません。

携帯変更してスマホにしたい方にはいいですね。

LINEモバイルのSIMをガラケーに挿して使うことはできますが、ネットが使えません。

ガラケーの形をしたスマホ(ガラホ)ならばネットもできます。

 

できるだけ最新の情報をのせますが、在庫状況は公式サイトを見てもらうのが一番だと思います。

在庫切れの場合もありますので。

動作確認済みの端末も公式サイトにリストがあります。

自分の使っている端末がLINEモバイルで使えるか確認できます。(大抵使えますが)

 

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

iPhone

新品で買えるのはiPhoneSEのみです。

iPhoneは人気機種ですので、在庫があったときは即買いが鉄則です。

LINEモバイル iphonese

容量64GBは一括だと36,800円、24回払いの分割では1,533円/月となっています。

128GBのストレージは一括が41,800円、分割払いは1,741円/月です。

なお、分割手数料が加算されているので別途発生することはありません。

 

中古iphoneはiPhoneX iPhone8がラインナップされています。

line iphonexline_iphone8

 

iPadは販売されていませんがLINEモバイルのSIMを挿して使う事ができます。

Apple watchは取り扱いがない上に格安SIMが使えない仕様のため、どの格安SIMも使えません。

ほかのスマートウォッチなら使えます。

 

iPhoneは7は取り扱いが終了しました。

32GBモデルが29,800円、128GBが35,800円で一括払いのみでした。

ただ、7はiPhoneシリーズの中でも評判がいいモデルでした。

第2世代のiPhone SEと同じくらいのサイズで人気がありました。

 

だいぶ前の6sも”動作確認端末”に含まれますのでLINEモバイルで使えます。

iPhoneシリーズはNFCがあるのでタッチ決済できるのも嬉しいポイントです。

paypayなどはQRコード決済なのでもちろんOKです。

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

Android

Androidも最新のものから使いやすいものまで並んでいますね。

アンドロイドは中古端末はありません。

gps機能もあります。

5G端末はいまのところありません。

一部を紹介すると

  • OPPO Reno A
  • reno3a
  • HUAWEI nova lite3
  • Redmi Note 9s
  • moto g8
  • AQUOS sense3 SH-M12

などです。

防水・防塵機能を備えているものもあり、使いやすいモデルが多いですね。

 

一部では一括購入しかできないモデルもありますが、基本は分割払いに対応しています。

分割の場合は月額プラン料金に+1500円くらいになります。

その他にもWifiルーターならAterm MR05LN(ポケットwifiサイズ)

au回線を扱っている割に、

ワイマックスは取り扱いがありません。

 

タブレットならHUAWEIのMediaPad T5などが用意されています。

 

大体どれも値段は定価と変わりません。

なので、スマホは他のところで購入してLINEモバイルはSIMカードだけ契約でもいいでしょう。

LINEモバイルが60歳以上のシニアの方におすすめしているのがAQUOS SENSEシリーズです。

アンドロイドの端末は新しい端末が出るとラインナップが更新されます。

やはり最終的には公式サイトを見て、確認いただくのが良いでしょう。

 

 

 

動作確認してみよう!Line mobile

 

 

 

動作確認端末

LINEモバイル対応機種の一例を紹介します。

これ以外にも動作確認されている端末はいっぱいあります。

 

アンドロイド

google pixel4
pixel4a
pixel5

グーグルのピクセルはアンドロイドの中でも使いやすい機種といえます。

グーグルピクセルはLINEモバイルでは取り扱いがありません。

しかし、ほかのところで機種変して、LINEモバイルのSIMカードを挿して使うことができます。

 

galaxys20(ギャラクシー20) 

802so

dignoケータイ

digno g

sh-n01

xperia 8

zenfone3
zenfone6
zenfone7

 

iPhone

iPhone 6以前は5シリーズまで確認済み

iPhone7シリーズ

iPhone8シリーズ

iPhone Xシリーズ

iPhone XRシリーズ

iPhone XSシリーズ

iPhone 11シリーズ

iPhone 12シリーズ

iPhone SE第1世代 第2世代

ipad

 

端末のみ購入できる?

lineモバイル 端末 おすすめ

LINEモバイルと契約していない状態では端末本体のみを買うことはできません。

LINEモバイルと契約中なら端末購入は可能です。

本体変更したい場合は、マイページの「機種変更」を選択し、ほしい端末を選択することで追加購入できます。

 

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

【LINEモバイル/口コミ】キャンペーン

以前のLINEキャンペーンはけっこうシブい感じでした。

しかし、最近のキャンペーンはお得と言えるものが出てきました。

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

LINEモバイル 現在のキャンペーン

 

スマホ基本料ワンコイン

LINEモバイル ワンコイン

 

ベーシックプランの新規契約で、月額料金が3ヶ月間980円値引きになります。

条件は音声通話SIMで3GB以上のプランに申し込むことです。

 

冬のモトローラSALE

LINEモバイル キャンペーン

モトローラの人気端末が安く提供されています。

値下げされているのは下記の2機種です。

LINEモバイル 値下げ

moto g9 play、moto g8 plusの2つです。

 

データSIM限定データ増量キャンペーン

LINEモバイル 2倍

ベーシックプランの容量に+512MBされるキャンペーンです。

 

以前の内容
データSIM500MBプランが2倍に増量! 月に1012MB(約1GB)になるキャンペーン追加データ容量512MBを最大12ヶ月間プレゼント期間は2021年5月9日まで

 

適用条件は以下の2点。

・データSIM(SMS付き)
・500MB

 

契約は新規でもプラン変更でも対象となります。

 

LINEクレカ払いキャンペーン

 

LINEモバイル クレジットカード

LINEモバイルで発生する料金をLINEクレカで支払いすれば、LINEポイント 2000ポイントがもらえる。

 

ラインポイントはLINEクレカで支払いした最初の月にポイント付与されます。

 

期間は2021/3/31(水)まで

 

特典

キャンペーンじゃないけど友人紹介でLINEポイントが1000ポイントもらえる特典が用意されています。

友達紹介人数×1000Pですので、友人知人を紹介した数だけポイントが貰えます。

 

また、この特典は紹介した方だけでなく紹介された側にもメリットがあります。

初期費用としてかかる事務手数料3000円(税込3,300円)が音声通話SIMなら無料、データSIMなら550円になります。

 

招待コードの発行はマイページの「招待URL発行」からできます。

 

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

 

LINEモバイル 過去のキャンペーン

「対象のSNS使い放題キャンペーン」

lineモバイル キャンペーン

月額基本料とデータフリーオプションが最大2ヶ月間無料になる太っ腹なキャンペーンです。

データフリーは前までカウントフリーと呼ばれていましたね。

適用されるための条件は3つです。

  • 音声通話SIMを契約する
  • データ容量は3GB以上を選択する
  • オプションにSNSデータフリーまたはSNS音楽データフリーを選択する

※終了日は未定ですが、早めに申し込みしたほうが良さそうです。

以上の条件で最大2ヶ月間は月額もデータフリーも無料で使えます。

お試し期間みたいなものですね。

 

夏のWプレゼントキャンペーン

lineモバイル キャンペーン

最大10000円相当のLINE Pay残高 or LINEポイントが貰えるキャンペーンです。

申し込みした人全員7,000円または7,000ポイントはGetできます。

条件は音声通話SIMの3GB以上のプランに申し込むことです。

ウェブ申し込みの際に下記のキャンペーンコードを入力するだけです。

<キャンペーンコード>

LINE Payコース:PB071
LINEポイントコース:LN071

こちらのキャンペーンも終了日が未定となっています。

ですが”夏の”と題されているので、早めの申込が良さそうです。

「夏の乗り換え応援キャンペーン」「納得キャンペーン」などでネット検索している方もいらっしゃるようですが、それらはすでに終了したキャンペーンです。

「月額半額キャンペーン」なども終わっています。

いま開催しているキャンペーンを使ってお得にLINEモバイルを使い倒しましょう!

7月キャンペーン、8月、9月とやっていましたが、現在は終了しています。

 

・Visa LINE Payクレジットカードで6ヶ月間20%還元キャンペーン

2020/7/31終了

文字通りvisa line payクレジットカードでLINEモバイルの支払いをすることで、支払額の20%が還元されるキャンペーンでした。

  • 月額基本利用料2ヶ月0円キャンペーン
  • データフリーオプション2ヶ月0円キャンペーン

との併用が可能だったので最高でしたね。

 

・7109(なっとく)キャンペーン

ウェブ契約時にキャンペーンコードを入力すると7,109円相当のLINEポイントかLINEPay残高がもらえるというものでした。

 

7000ポイント(7000円ぶん)のパターン、7777円のパターンもありました。

また、価格.comでは8000ポイント還元のキャンペーンもありました。

 

これ系のキャンペーンは定期的に開催されます。

 

・ビックカメラ 21600円引き

ビックカメラ・コジマでSIMと指定されたスマホをセットで購入することで21,600円の割引を受けることができました。

激安家のように思えますが、機種が選べないので、どうかな?といったところ。

”初めてスマホにする”というような人はお試し感覚で契約するのには良かったかもしれませんね。

 

・LINEポイント3000ポイント×紹介人数分

1人紹介するにつき3000ポイント(3000円分)のLINEポイントがもらえるキャンペーンでした。

何人も紹介できて、例えば5人紹介すれば15000ポイントがもらえました

1ポイント1円なので15000円分に相当します。

 

・5,000ポイントプレゼント

キャンペーンコードを入力することで5000ポイント(5000円分)を入手できるものでした。

定期的にシークレットで開催されているキャンペーンでした。

 

・SoftBank Air

SoftBank Airを申し込むことで6000ポイントがバックされるという内容でした。

 

・LINEスタンプ プレミアム最大2ヶ月分ポイントバックキャンペーン

月額240円のスタンプ取り放題(使い放題)の無料スタンプオプションである「LINEスタンププレミアム」が2ヶ月分無料になる特典でした。

 

LINEモバイルは頻繁にキャンペーンが変わります。

もしLINEモバイルが気になっているならホームページをまめにチェックすることをおすすめします。

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

 

【LINEモバイル/口コミ】速度

 

「3日制限はある?」

「各回線の速度の違いが知りたい!」

「速度切り替えはある?節約モードは?

容量オーバーによる通信制限を解除するには?

 

すでに実効速度がどの程度かということはお伝えしました。

しかし、LINEモバイルにはドコモ、au、ソフトバンク3つの回線が用意されています。

それぞれどのくらいの速さがでるのかお伝えします。

さらに、ここでは速度制限やエリアに関して書いておきます。

 

 

まず通信制限についてです。

”3日で〇〇MB以上通信すると速度制限します”というのが3日制限です。

しかし、LINEモバイルに3日制限はありません。

通信制限されてしまう条件は「契約している高速通信データ量を超過してしまった」場合のみです。

 

通信制限が掛かると最大200kbpsという超低速モードになってしまいます。

制限速度200kbpsは”最高でここまで出ますよ”というベストエフォートの値です。

なので実際はもっと遅いです。

 

 

lineモバイル 速度制限

 

データフリーオプションでSNSを使いすぎると通信制限がかかるという噂もあります。

しかし、それでは”フリー”の意味がないので、実際はありえません。

それはデータフリー対象外のコンテンツを知らないうちに使用して高速通信容量を使い切ってしまったからでしょう。

 

このデータフリーがあるので一部の格安SIMにあるような”節約モード”や速度の切り替え機能はありません。

わざわざ低速に切り替えるのは面倒ですからデータフリーが付いているのは魅力ですね。

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

LINEモバイル 回線別の速度

 

LINEモバイルはどこの回線を契約するのが正解なのか?

どこの回線が一番速度がはやいのか?

 

前提として、速度は使う場所や時間帯に左右されます。

 

地下やみんなが使っている時間帯に使おうとすれば速度は低下します。

それを頭に入れて実際に使っている人のレビューを見ましょう。

 

lineモバイルは最近ソフトバンク回線の増強を行ないました。

公式サイト上では”ドコモやauより1.8倍になった”と宣伝されています。

ではsoftbank回線を使うのが正解なのでしょうか?

この疑問に迫ってみましょう

 

ちなみに、LINEモバイルはまだ5G回線には対応していません。

 


やはりソフトバンクの回線は速くなっているようです。

上のツイートの taku_ L’étrangerさんが貼ってくれた画像を見るとauも十分スピードが出ていますね。

 

こちらはドコモ回線です。

ダウンロード(下り)はだいたい4Mbpsくらい出ていれば動画もネットも普通に使えます。

しかし、こちらのダウンロードは散々な数値ですね。

アップロードの数値は格安SIMとしてはいい方です。

楽天モバイルとLINEモバイルの速度を比較してくれたツイートです。

ドコモ回線が遅い原因として考えられるのは、NTTドコモとの間にNTTコミュニケーションズを挟んでいることが考えられます。

 

実はLINEモバイルはNTTドコモから直接通信回線を借りてサービスを提供しているわけではありません。

 

NTTコミュニケーションズがNTTドコモから借り受けた回線を更に小分けにしてLINEモバイルに貸しています。

又貸し状態なので、なかなか十分な速度が得られないと考えることができます。

 

ウェブサイトは楽勝で閲覧できるでしょうが、zoomなどで使用するにはこの速度だとキビし目です。

 

ドコモ回線はヤバそう……と思いきや↓のような結果も。

やはり、使う時間や場所によってだいぶ結果がかわってきますね。

こればっかりは自分の生活範囲で使ってみるしか無いです。

設備増強をしたとのことですし、安定性でいえばソフトバンク回線を選ぶのがいいかもしれません。

今のところのおすすめ回線はソフトバンクと言えるでしょう。

 

ただし、端末との相性に気をつけてください。

ソフトバンクの回線の周波数帯(バンド)は以下のとおりです。

 

Band1 2.0GHz
Band3 1.7GHz
Band8 900MHz
Band11 1.5GHz
Band18/26 800MHz
Band19 800MHz
Band21 1.5GHz
Band28 700MHz
Band41 2.5Ghz
Band42 3.5GHz

SIMフリーのiPhoneやGoogle Pixelならすべての周波数帯に対応できますが、auやドコモで買ったスマホでは拾えないBandがあります。

 

auはBand3と8が拾えません。

ドコモ端末は8,11が拾えません。

また、ドコモやau端末ではSIMロック解除が必要になりますので、ひと手間かかります。

 

ソフトバンク回線を利用する場合はsoftbankで買った端末かSIMフリーのiPhone,Pixelを使いましょう。

 

 

 

エリア

これは選択した回線の会社と同じになります。

ドコモならドコモ、auならau、ソフトバンクならソフトバンクと同じエリアで通信が可能です。

これはLINEモバイルが各社の回線設備を借りてサービスを提供していることが理由です。

よほどの山間部や設備の整っていない地下でなければ電波は届きます。

圏外になることはまれでしょう。

 

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

【LINEモバイル/口コミ】設定

LINEモバイルと契約をしたら1~3日程度でSIMカードが届きます。

これを自分のスマホに挿すことによってネットに繋がるわけです。

しかし、挿しただけでは通信することはできません。

Androidスマホの場合はapn設定、iPhoneの場合はプロファイルをダウンロードしてからインストールします。

 

「ネットに全然繋がらない!」なんてときはこの設定を見直してみましょう。

 

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

 

 

LINEモバイル APNの設定

「4Gにつながらない!」「4Gにならない」「3Gが表示されない」「3Gで通信できない!」「”エラーが発生しました”と表示されてネット接続できない!

こんなトラブルに見舞われることがあります。

通信障害の可能性もありますが、もしかしてAPN設定(アクセスポイントネーム設定)をしていないのでは?

ネットに繋がらないということはモバイル通信ができないということです。

 

ここではアンドロイド、iOSそれぞれの設定方法を解説します。

これをやっておかないと”ネットに繋がらない”という状況になります。

自分で機種変更手続きするような感覚ですね。

 

ちなみにSIMと端末セットで契約した場合はこの設定をせずにすぐ使いはじめることができます。

 

Android

グーグルアカウントをつかってスマホ本体の設定を終えたらAPN設定をします。

利用している端末の設定メニューから「モバイルネットワーク設定」という項目を探します。

 

その後、下の表の各項目を設定していきます。

契約した回線によって項目の値が違うので、自分の契約した回線に合わせてAPNを設定しましょう。

 

SIMカードの挿せるパソコンで使う場合もこの設定でOKです。

 

ソフトバンク・au、ドコモ(LINEフリー/コミュニケーションフリー/ MUSIC+)
名前 LINEモバイル
APN line.me
ユーザー名 line@line
パスワード line
認証タイプ PAPまたはCHAP

 

 

ドコモ(ベーシックプラン)
名前 LINEモバイル(ベーシック)
APN linemobile.jp
ユーザー名 line@line
パスワード line
認証タイプ PAPまたはCHAP

他の場所をいじるとネットに接続できなくなる場合があります。

ココに書いてある場所以外はいじらないほうがいいでしょう。

MCCの入力を求められたら440を入力してください。

 

iOS (iPhone)

iPhoneの設定は「APN構成プロファイル」というものをダウンロードする必要があります。

ネットに繋がっていないとダウンロードできません。

”ネットに繋ぐためにネットが必要”ってどうにかしてほしいですよね……

家にWi-Fiがなければ近所の飲食店やカフェの無料wifiを利用しましょう。

 

回線ごとに必要なプロファイルが違うので注意です。

下記のQRコードかURLからダウンロードします。

lineモバイル QRコード

引用:LINEモバイル公式サイトより

ドコモ回線(line.me)
LINEフリー/コミュニケーションフリー/MUSIC+プランを申し込んだ場合
https://mobile.line.me/apn/line.mobileconfig

docomo回線(linemobile.jp)
ベーシックプランの場合
https://mobile.line.me/apn/line-basic.mobileconfig

ソフトバンク回線/au回線
https://mobile.line.me/apn/line.mobileconfig

ダウンロードが終わったらiphoenの設定画面を開きます。

lineモバイル 設定

「プロファイルがダウンロードされました」の部分をタップします。

次の画面の右上のある「インストール」をタップして完了です。

dun

 

【LINEモバイル/口コミ】乗り換えるには?

「申し込み方法が知りたい!」

「WEB以外から契約できる?」

「契約からどれくらいで使えるようになる?」

ここではLINEモバイルの申し込みのやり方についてまとめました。

 

LINEモバイルの始め方の流れとして3つの方法があります。

オンライン、店舗、エントリーパッケージを買ってくるの3つです。

 

契約方法で一番面倒がないのはオンラインです。

店舗では待たされることも多く、行く手間もかかります。

せいぜい出かけたついでにパンフレットを貰ってくるくらいのほうがいいでしょう。

それでもよければ取り扱い店舗で買ってくるのもいいですね。

 

ヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機をはじめとした家電量販店・代理店で買うことができます。

ゲオでも買えて、たまにキャンペーンもやっています。

地方の方でもららぽーとや携帯ショップなどで取り扱っています。

代理店の募集などもやっているようですが、ほとんどがケータイショップみたいなところで、個人でやっているようなところはなさそうです。

 

エントリーパッケージとは利用開始の手続きを自分でやることで事務手数料(3,000円)が無料になるスターターキットのことです。

蛇足ですが「SIMフリーがまるごとわかる本2019」という雑誌に付録として付いていたこともあります。

エントリーパッケージは買ってきて、ネットでラインモバイルに接続して自分でエントリーコード(クーポンコードとも)を入力して手続きする、という2度手間がかかります。

 

以前はamazonでもエントリーパッケージが買えましたが販売終了してしまいました。

アマゾンのエントリーパッケージにはダウンロード版というのもありました。

現在ネットで買えるのはヤフーショッピング(ペイペイモール)だけです。

 

しかし、”面倒” ”キャンペーンが適用されない”などメリットが0なのでやめておいたほうがいいでしょう。

同じくポイントサイトもおすすめしません。

そんなわけでオンラインで契約するのが一番ラクで簡単、お得です。

 

 

 

MNP・契約はオンラインで!Line mobile

 

 

 

LINEモバイル 乗り換え

 

乗り換え手順を紹介します。

 

  • 申し込み
  • 商品到着
  • 利用開始手続き(やってもやらなくてもいい)
  • APN設定

 

利用開始手続きは商品到着後すぐにLINEモバイルを使いたい場合にのみやります。

やらなくてもMNP予約番号の有効期限が切れる頃に自動的に代わります。

 

利用開始手続きには2つの方法があります。

  • マイページにログインし利用開始手続きボタンを押す
  • LINEモバイル カスタマーセンター MNP開通受付窓口に電話する

 

LINEモバイル カスタマーセンター MNP開通受付窓口 電話番号
0120-889-279(携帯電話/スマートフォン)
受付時間 10:00〜19:00(年中無休)

 

必要書類

申し込みの際に必要なものは

  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • 連絡のとれるメールアドレス
  • (MNPするなら)MNP予約番号

MNP予約番号はMNPする場合にだけ必要です。

ちなみにMNPとは”モバイルナンバーポータビリティ”または”番号ポータビリティ”のことです。

通信会社をかえても現在使っている番号そのままで継続使用できる仕組みです。

 

予約番号の発行はキャリア変更前にすることの中でも重要なことです。

できるだけ契約する直前にとったほうが余裕があっていいでしょう。

 

本人確認書類として使えるものは下記URLから確認してください。

外国人の方も契約出来るのですが、本人確認書類が日本人とは異なります。

在留カード(在留期限が2ヶ月以上のもの)などが必要です。

本人確認書類・補助書類一覧
https://mobile.line.me/support/document/免許証やマイナンバーカードなど顔写真と住所がわかるものが基本となります。
いわゆる身分証明書ですね。
ただしパスポートは補助書類(住民票など)の提出も必要になります。
免許証は表・裏両面が必要

ネットで申し込む場合は本人確認書類は画像をアップロードする形で提出します。

郵送しなくていいのでラクですね。

申し込みできない場合の原因のほとんどはコレです。

鮮明に写った画像をアップロードしましょう。

 

基本的にクレカなしでは契約できないので注意が必要です。

SIMカードは最短で翌日発送してくれます。

申込みから届くまでは大体1~3日程度です。

利用開始手続きや初期設定をするまでは今の端末がそのまま使えます。

 

必要なものを揃えたら、あとは公式サイトから申込するだけです。

必要な項目を埋めていくだけの作業なので、ネットからの申込みが初めてでも簡単にできるでしょう。

未成年(中学生や高校生など)は契約できないのでご両親などに代理人として契約してもらいましょう。

申込みが完了すればメールが届きます。

メールが来ない場合は迷惑メールフォルダなども確認してください。

 

SIMカードのサイズに注意

ひとつ注意しておきたいのはSIMカードのサイズ選択です。

docomo回線、au回線はマルチカットSIM(マルチSIM)といって、送られてきたSIMカードの台紙から自分の好きなサイズにカットできる方式なので問題ありません。

しかし、ソフバン回線はマイクロSIMかナノSIMかを選択する必要があります。

最近のiPhoneは完全にnanosim一択なのですが、それ以外の端末を使う方はチェックしてから選択しましょう。

LINEモバイルではesimの提供はありません。

 

申込みはこちらからどうぞ↓

 

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

2回線目の申し込み

2回線以降の追加申込みはマイページから申し込みすることで、事務手数料が無料になります。

データSIMは手数料が3000円が500円になります。

2台目のスマホや携帯・タブレットなどとの2台持ちを考えている方にはお得な情報ですね。

 

何回線まで(何台まで?)申し込めるかというと最大5回線まで増設可能です。

複数回線(複数SIM)ほしいからといって別アカウントをとる必要はありません。

 

 

よくある質問 Q&A

通信障害など不具合のお知らせや増税の際の料金変更などのニュースは公式サイトでお知らせされます。

公式のヘルプページも合わせてみてください。

 

dアカウントは使える?

LINEモバイルにしてもdアカウントは使えます。

ただし、設定している2段階認証のメールアドレスをドコモのキャリアメール以外に設定し直しておきましょう。

ドコモを解約するとドコモのキャリアメールは使えなくなります。

2段階認証のコード受け取りをキャリアメールにしていた場合、受信できなくなるのでログインできなくなります。

これはLINEアプリの引き継ぎをする場合にも重要になってきます。

メールアドレスをキャリアメールに設定している場合は変更しておきましょう

 

docomo wi-fiを使いたい場合はdocomo wifiだけをドコモと契約する必要があります。

メアドを設定しておかないと、その際の0000docomoのパスワード確認もできなくなるので気をつけましょう。

 

・利用者連携できない

契約者連携と利用者連携の2タイプがあります。

利用者連携は契約者連携を終えたあとでないとできません。

契約者連携・利用者連携|LINEモバイル
契約者連携と利用者連携についてのページです。LINEアプリで契約者連携と利用者連携を行うことで、LINEモバイルの便利な機能を全てお使いいただくことができます。

 

連携を解除したい場合はマイページの「LINEアカウント連携」より「連携解除」を選択します。

 

 

・ボイスメールの番号が不明です

ボイスメールの番号を1416に設定すればOKです。

 

・グローバルIPが割り当てられる?

LINEモバイルはプライベートIPが割り当てられます。

 

・LINEモバイルにしたらバッテリー 消費が増えた?

以前、グローバルIPが提供されていたときは若干スマホの電力消費が上がっていたようです。

しかし、現在はプライベートIPが提供されているので問題ありません。

 

・未払いで止まったサービスが再開されるまでの時間は?

料金が未払いだと当然回線は使えなくなります。

料金の支払いを再開してから使えるようになるまでの時間は回線によって違います。

 

ドコモ

9:00~19:29に確認がとれた場合
→最大10分の待ち時間で利用停止が解除
19:30~翌8:59に確認がとれた場合
→翌9:00~9:30までに利用停止解除
ソフトバンク
9:00~16:59に確認がとれた場合
→10:00~21:00の間で利用停止解除
 ※最大で9時間かかる
17:00~翌8:59に確認がとれた場合
→翌10:00~11:00までに利用停止解除

 

 

au
9:00~18:29に確認が取れた場合
→最大10分の待ち時間で利用停止解除
18:30~翌8:59に確認が取れた場合
→翌9:00~9:30までに利用停止解除
・「無効なsimです」と表示される
この場合の対処法は以下のとおりです
  • 機内モードをON/OFFしてみる
  • 再起動する
  • アップデートの有無を確認する
  • SIMカードを差し直す

 

・スマホを紛失した

アンドロイドスマホなら事前に設定しておくことでGoogleの「端末を探す」機能を使い、PCなどから現在のスマホの位置を探すことができます。
iPhoneの場合も同様です。

・ネットワーク暗証番号を忘れた

マイページの「契約情報」から再設定の申請ができます。

変更したい場合も同じ手順でできます。

 

・認証番号が届かない

LINEなどアプリを利用する際に本人確認のため認証コードが送られる場合があります。

しかし、このSMS認証の番号が送られてこない場合があります。

これには以下のような原因があります。

  • 入力した電話番号が間違っている
  • 送信したときや受信したときの電波状態が悪かった
  • 以前そのアプリから認証コードを受信したことがある場合はそのメッセージを消してみる
  • 単純に送れているだけなので5分ほど待ってみる

 

・初速バーストはある?

LINEモバイルにバースト機能はありません。

 

・ピザとギガのCM

テレビでは本田翼さんがCMに出ていますが、youtube版のLINEモバイルのCMがあります。

こちらには本田さんは出ていません。

「ピザかギガ」「オンライン飲み会」などビジネスでも日常使いも出来るぞ、ということをアピールしています。

 

・ブラックでも契約できる?

できます。

大手キャリアの料金を滞納したりすると強制解約・強制退会させられます。

このことを”ブラックリストに入れられた”などと表現します。

LINEモバイルは大手キャリアが共有しているブラックリストを確認することができません。

そのため、ブラックリスト入りしていても契約できます。

ただし、端末を分割で購入する場合は審査があります。

そこで引っかかる可能性はありますね。

 

 

・8日間キャンセル

LINEモバイルでは”初期契約解除”というものができます。

いわゆるクーリングオフのようなものですね。

”契約したはいいけどやっぱりやめたい”というときは、課金開始日または契約書類を受け取った日のいずれか遅い日から計算して8日以内ならキャンセルできるという仕組みです。

ただし、音声通話SIMだけです。

それ以外のデータSIM(SMS機能付きも)などは対象外です。

マイページから申請することができます。

解約手数料・解約事務手数料などはかかりません。

 

・テザリングできる?

ご利用の端末がテザリングに対応していればペアリングして無料で使うことができます。

USBテザリングもBluetoothテザリングもできます。

「テザリングできない」という場合はまず端末がテザリングを使える機種なのかを確認するところから始めましょう。

 

・プラン変更したいのにボタンない

”マイページからプラン変更したいのに、そのためのボタンがない”という場合の対処法の紹介です。

変更はマイページ内の「プラン・オプション」から変更できます。

毎月1日の0:00~14:59までは変更ができません。

この時間はプラン変更不可ですのでボタンが表示されません。

 

また”音声通話プランからデータSIMプランにする”などプランの種類そのものを変更するようなときは、契約変更となります。

この場合は一度解約してから再契約しなければいけません。

番号変更がともなうからです。

 

・データプレゼントとは?

LINEモバイルの利用者同士でデータ通信量をプレゼントしあえる、分け合いサービスです。

別名「前月繰越 不可のデータプレゼント」

500MB単位で最大2500MB(2.5GBくらい)までを上限に相手に送れます。

利用するにはLINEアプリでLINEモバイル公式アカウントと友だちになる必要があります。

その後、利用者連携を行ないます。

データ繰り越しには対応していないので、その月に使い切ってしまいましょう。

友達追加すると利用データ量の確認などもできて便利です。

 

・着信できない

  • 再起動してみる
  • 機内モードがONになっていないか調べる
  • 単純に電波の圏外にいる
  • SNSや公式サイトで通信障害などが起きていないか調べる

 

pdp認証に失敗しました

特にiPhoneで起こる現象です。

ネットに繋がらない状態になります。

格安SIMを使っていてこの現象が起こる場合、原因はAPN構成プロファイルであることが多いです。

このプロファイルがうまくインストールできていないか、更新が必要なのにしていないかです。

インストールしている場合はいったん削除して、もう一度インストールし直してみましょう。

「ずっと3g通信になってしまう」「ずっと圏外のまま」という場合もAPN設定を疑ってみましょう。

 

PINコードがわからない・忘れた
pinロック解除のためのコードの初期値は

  • ドコモ 0000
  • ソフトバンク 9999
  • au 1234

ロックされたSIMではスマホが全く使えません。

自分で変更したものを忘れた場合は下記サポートセンターに電話する。

 

LINEモバイル カスタマーセンター
(お問い合わせ連絡先電話番号)

0570-087-275
受付時間:10:00-19:00(年中無休)
※0570はフリーダイヤルではないので料金が発生します

 

使えるようになるまでの日数は?

「申し込みしたら何日で届く?」

本人確認が完了した日の翌日から1週間以内で使えるようになります。
あなたの住んでいる場所や申込みのタイミング(繁忙期・閑散期)などにより左右されます。
本人確認書類に不備がないかなど確認して申し込みしましょう。

 

マイページで出来ること

契約後はLINEモバイルのマイページにログインすることで、登録情報や各種変更が出来るようになります。

ログイン方法はIDとパスワードを入れるだけです。

ただし、契約者連携をしていればワンタップでログインすることができます。

 

 

マイページにログインできない場合はログインIDやパスワードを間違えている可能性があります

その場合はログインページから照会ができます。

 

  • sim変更(サイズ変更)
  • 容量プラン変更(ギガ変更・料金プラン変更・容量変更)
  • 残りギガ確認(パケット残量確認)
  • 容量追加
  • 料金確認
  • 利用コードの確認
  • 領収書・明細書・請求書(確認のみ。発行はしていない)
  • 解約後に未払金を払いたい
  • 名義変更(名前変更・苗字変更・契約者変更・譲渡)
  • クレジットカードの変更(有効期限は自動で更新される場合もある)
  • 機種変更(買い替え・スマホ変更・端末変更)
  • パスワード変更
  • 分割払いの残債の一括払い
  • 住所変更
  • MNP予約番号発行(即日~3日程度で発行)

 

プランの変更方法はマイページの「プラン⋅オプション」から無料でできます。

変更手数料などは取られません。

 

契約者の名義変更をする場合は家族でも本人確認書類が必要です

 

別の端末に機種変更するときはデータを失わないようバックアップを取っておきましょう

 

課金開始日(利用開始日)とは

 

<ウェブから契約した場合>
「新規番号での申し込み」で申し込んだ場合は、SIMカード発送完了日の翌々日
「MNP転入」で申し込んだ場合は、「MNP予約番号有効期限の最終日」か「利用開始手続きが完了した日」の早い方
<店舗で契約した場合>
回線の種類に関わらず、契約した日

 

契約後マイページにログインし、「契約情報」で確認できます。

課金開始日とはLINEモバイルの利用が開始したとみなされる日。

この日からLINEモバイルの課金が始まります。

また、マイページからの契約内容変更(プラン変更など)も、この日から可能です。

 

現在は契約した月の料金は日割りになります。

昔は初月無料でした。ここは劣化したと言えます。

なので、わざと月末契約を狙う必要はありません。

 

 

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

 

【LINEモバイル/口コミ】解約

解約方法の手順、解約金があるか?最低利用期間は?などの疑問について情報をまとめました。

 

データSIMは最低利用期間、解約金ともに必要ありません。

契約期間を制限されないのは身軽でありがたいです。

音声通話SIMは12ヶ月以内に契約した場合、1000円の解約金がかかります。

どちらにしろ、昔のように2年縛りなんてものはありません。

 

すぐ解約した場合ブラックリスト(のようなもの)にのって再契約がすぐできないなどのデメリットも考えられます。

即解約はよく考えてしましょう。

 

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

 

他社への乗り換え

LINEモバイルから他社に乗り換えるための転出方法を紹介します。

解約はマイページからしかできません。

電話などでは対応していません。

データSIM(SMS付き)は最低利用期間や解約料は発生しません。

好きなときに止めることができます。

しかし、音声通話SIMは最低利用期間が設けられています。

最低利用期間以内に解約しようとすると解約手数料(違約金のようなもの)がかかります。

いくらかかるかは契約した時期によって違います。

これの内容がちょっとややこしいです。

まず、最低利用期間とは?ですが、正確には以下の通りです。

最低利用期間:課金開始日から起算し、課金開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで

引用:LINEモバイル よくある質問

|サポート|LINEモバイル
よくいただく質問やよく使われる用語を確認できます。LINEモバイルでわからないことがあれば、こちらのページをご覧ください。

契約時期によって手数料は変わります。

3タイプあります。

最低利用期間を守らないと、下の金額を払うことになります。

解約手数料
2019/4/30までにお申し込みのお客様 9,800円
2019/5/1以降に申し込み~2019/9/30までに課金開始日を迎えたお客様 9,800円
2019/10/1以降に課金開始日を迎えたお客様 1,000円

1ヶ月だけ使ってやめるというようなときも1000円かかります。

 

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

 

月の途中で解約すればその月の料金は日割りになる?

月の途中で解約しても日割りにはなりません。

解約料金とともに損したくなければ解約日に気をつけましょう。

月の途中で解約手続きをしたとしても実際に使えなくなるのは月末です。

わざわざ月末解約をする必要はありません。

 

解約したらSIMカードは返却

また、解約時にsimカードの返却をします。

必ず解約手続きをした後に返送しましょう。

返却窓口はこちら。

▼SIMカード返送先
〒272-0001
千葉県市川市二俣678-55
ESR市川ディストリビューションセンター3F 南棟
LINEモバイル株式会社 返却窓口

あまり知られていませんが、実はSIMカードは借り物です。

返却しなかったからといって罰則があるわけではありませんが、倫理的に返品したほうがいいのは言うまでもありません。

 

裏技的な解約?

他の格安SIMではLINEの年齢認証ができないため、年齢認証が可能なLINEモバイルと一時的に契約してスグに解約する人がいます。

 

LINEモバイルで年齢認証を突破してしまえば、他の格安SIMに差し替えても年齢認証が済んだ状態で使えるからです。

 

 

 

データフリーオプションでSNSギガ消費なし!Line mobile

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました